士業のための新しいデザインサービス

03-6380-0160

サイト構築

無料ホームページツールを使うことについて

    無料のホームページ作成ツールを使って無料のホームページを作っていくというのはどうか、ということについてですが、これに関しては、もういいんじゃないかな、と思っています。
    無料のツールを使って作っていいんじゃないかなと。

    昔はホームページの作成ツールとしては、ホームページビルダーなんかもありましたが、やっぱり素人が作った感じがありました。それでも、昔はライバルとしてホームページを作っているところがあまりなかったので、それでよかったんです。しかし、だんだんデザインレベルが上がってきてしまって、プロに依頼しなくてはというふうになってきた。

    その一方で、無料のホームページ作成ツールもレベルが上がってきました。とくにワードプレスなんかは、少し覚えればすごく綺麗なサイトが作れます(ワードプレスを無料作成ツールと言ってしまってよいかどうかはちょっと別ですが)。ですので、無料ツールを使うのはもはや全然いいのではないかと思います。

    無料ツールは作り込みはできない

    ただ、無料ツールは作り込みはできないので、自分がどうしても表現したいサイトなどがあると難しいです。これも目的次第ということですね。仮に、士業が集客するときに、「このサイトはかっこいいけど士業の集客にはレイアウト的に向いてない」ということであれば、いくら無料であっても意味がない。ですので、目的に使えるツールであれば良いということになります。

    ただ、やはりライバルはたくさんいます。だから、あんまり素人っぽいデザインになるようだったら、プロに依頼するなり何なりしたほうがいいでしょう。とは言っても昔に比べれば全然良くなっているし、プロとは言ってもそれこそワードプレスなんかは、ランサーズやクラウドワークスといったサイトでちょっと探せば、安価でテーマをインストールして準備してくれる人なんていくらでもいます。

    それからランディングページについては、「ペライチ」なんていうものもあります。これを使えばもはや無料でランディングページが作れます。しかもスマホでもきっちり見ることができる。なんであんなのに何万もかけていたのかな、と思うくらいです。

    独自ドメインが使えないことも

    ただ完全に無料だと、多くの無料作成ツールの場合は独自ドメインが使えないという問題があります。お客様がそこを気にしない業界であればいいかもしれませんが、独自ドメインのほうが見栄えはします。ちなみに、ペライチも無料ではなくて年間一万円くらい払えば、独自ドメインと複数ページが作れるようになりますね。

    まとめると、昔に比べれば無料のものでも全然使えるようにはなったけれど、無料のままだと使えるフォントの種類やレイアウトなんかでも限度があって、100%自分の思い通りにはならないなという感じはあります。

    そこで、無料のものをベースにして少しずつ有料プランを使ってサイトを作っていく、あるいは少しずつ有料でプロに頼んでいくというのがコツになります。ワードプレスであれば、テーマのインストールをしてもらったりとか。テーマがインストールされてサイトがいじれる状態になったら、自分でもサイトの更新ができるようになります。

    自分での更新性が高いというメリット

    ワードプレスを始め、無料ホームページ作成ツールのもう一つの良さと言うのは、「ログインして作れる」ということです。自分での更新性が高い。これはサイト作成を委託している場合との大きな違いです。

    プロに委託すると、コーディングとかも全部きれいにやってくれるわけです。写真とかもちょっと修正したり加工したりもやってくれるので、確かにきれいにはなります。しかし、最近は自分で撮った写真でも結構そのまま使えてしまうし、修正するためのアプリもいっぱいあるので、プロがやってきた仕事も自分でできるようになってきています。

    無料でも有料でもそうですが、すぐログインしてすぐ書ける、自分でいじれる状況にあるというのは重宝します。

    例えばブログの投稿一個とっても、いちいち記事を書いて業者に送っていたらなかなか進まない。記事ぐらいは自分で書けたほうがいい。そうすると、ワードプレスのログイン方法なんかを知っておけば充分です。そういったことを何も知らないとなると、記事を書いたあとで、更新できる人にそれをメールで送って更新を依頼することになってしまいます。

    大切なのは「自分の目的にマッチしたものを作れるのかどうか」

    要は、無料なのか有料なのかと言うよりも、自分の目的にマッチしたものを作れるのかどうかが大事ということです。無料だったら無料ならではのデメリットメリットがあるし、有料や委託するならば有料や委託ならではのデメリットデメリットがあるので、そのときに自分で判断していけばいいのではと思います。

    うちも社内にデザイナーがいますが、外注もお願いしています。社内のデザイナーは1人なので物量的に限界があるからです。例えばうちで受託している仕事があって、今他の仕事をお願いするとこっちの受託が遅れるな、というときには、すぐ外注できる人がいると楽。そういうときにちょっとやってくれる人がいると重宝します。外注も今安くなっていますしね。

    結局、重要なのは自分の目的です。とにかく自分で集客するためにはどんなサイトが必要で、そのサイトを早く作るにはどうしたらいいか、というところから考えるといいのかなと思います。

    横須賀輝尚

    お気軽にお問い合わせくださいませ!

    03-6380-0160

    TOP