士業のための新しいデザインサービス

03-6380-0160

サイト構築

GDN(グーグルディスプレイネットワーク)のメンテナンス方法

    ネット広告において、メンテナンスという言葉は「アカウントの最適化」を意味します。そして最適化とは、成果に結びつきやすい適切な広告枠へ広告が配信されるよう調整することです。

    グーグルディスプレイネットワークが最適化するもの

    GDN(グーグルディスプレイネットワーク)では何を最適化するかというと、広告配信されるサイトを最適化します。自分の商材を欲しがっているユーザーが見込めるサイトに集中して広告を表示させた方が効果は高いもの。そのため、効果が見込めないサイトを除外していく必要があります。

    広告が配信される場所を「プレースメント」といいますが、効果が見込めない不要なサイトを除外するために「除外プレースメント」という作業をしていきます。

     

    除外プレースメントの方法

    まず、Googleの管理画面で自分の広告がどのサイトに表示されているのかを確認します(プレースメントチェック)。ここではドメイン単位で確認できますので、次にそこから不要なサイトのドメインを選択し、除外していきます。これが最適化です。除外することでそのサイトには表示されなくなります。

    GDNの配信場所には、アプリの広告枠もありますが、アプリへの配信も全て除外することができます。アプリ上に配信される広告は、情報商材などはマッチしにくい傾向があるため、弊社でアプリへの広告配信を全て除外をしました。

    そうしたところ、アプリに配信されていた分の予算を削減することができ、クリック率とコンバージョン率(サイトで最終的に得られる成果)も向上しました。GDNの配信場所にはアプリへの配信が全く効果がないわけではありませんが、比較的アプリへの配信は、同じくアプリの広告がマッチしやすい観点から、士業としてはまずアプリへの広告枠は除外してしまってもよいでしょう。

    お気軽にお問い合わせくださいませ!

    03-6380-0160

    TOP